ワキ脱毛の毛周期

ワキ脱毛人気サロンランキング!損する前に

毛周期を考えてワキ脱毛しよう!


毛周期について

毛には毛周期と呼ばれている一定の循環があります。目に見えている毛は、全体の3分の1程度といわれていますが、見えていないところにも休んでいる毛があります。一般に、毛は、成長期、退行期、休止期といった循環によって生えかわっています。
 

成長期にある毛は、毛根の部分から栄養を取り込みます。成長期でもいくつかに分かれ、これから成長しようとする生えたての毛から、どんどん伸びる成長途中の毛、そして毛としては最高の状態にある太く、つやのある毛があります。
 

しばらくすると、絶頂期を過ぎ、退行期に入ります。退行期では、毛に栄養が行き届かなくなり最終的には抜け落ちてしまいます。
 

毛が抜け落ちた後は、すぐに生えてくるということはなく、しばらくお休みすることになります。これが休止期です。休止期が終わりますとまた成長期に入ってこれが繰り返されます。この循環は部位にもよりますが、期間で言うと一年とも一年半ともいわれています。
 

したがって見えている部分の毛を脱毛しても、しばらくするとまた毛が生えてきます。
 
 

ワキ脱毛の施術の方法

ワキ脱毛の施術の方法は電気脱毛、レーザー脱毛、光脱毛などがありますが、毛周期の関係で施術の方法に関係なく脱毛が一段落するまでには一年以上かかります。一般には、二ヶ月程度の期間を置いて施術する場合が多いようですが、この間隔で6回程度は施術して一段落するようです。
 

脱毛の効果が自身で感じられるのは、3回目の施術が終わった後くらいといわれていますが、まだ予備軍の毛が控えていますので、この倍位の期間はみておかないと減毛だけで終わってしまいます。
 

なお、ワックス脱毛というものがありますが、これは見えている部分の毛だけ脱毛しますので、しばらくして生えてきたときには再度、再々度脱毛しなければなりません。この脱毛を繰り返すと毛が薄くなるようですが、永久脱毛とは違います。

 

ワキ脱毛

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る