ワキ脱毛人気サロンランキング!

ワキ脱毛人気サロンランキング!損する前に

アトピー性皮膚炎やニキビでも脱毛できる?デメリットは?


アトピーやニキビでの脱毛について

アトピー性皮膚炎やニキビ、敏感肌などですと、ムダ毛の自己処理によるダメージのほうがサロンなどでの脱毛よりもお肌にとって厳しいことかもしれません。
 

カミソリで肌が負けて炎症を起こしてしまったり、色素沈着になってしまったり、ニキビが悪化したりなど、様々なトラブルが自己処理についてまわってしまいます。
 

もうすでに強度の色素沈着を起こしてしまっているということでない限りは、医療レーザー脱毛を考慮に入れてみるのは良いと思います。
 

まずお肌にすでに悩みを抱えている状態での脱毛になるわけですから、できれば脱毛サロンよりも皮膚科・美容外科などのクリニックでカウンセリングを受けながらの脱毛が最も安心できるでしょう。
 

それから、レーザー脱毛をしたことによりなんらかの合併症を引き起こすということはこれまでには報告されていません。
 

ただし、元々炎症が酷かったり、かぶれ・湿疹・酷い色素沈着がある場合にはレーザー照射は悪影響を及ぼすことが考えられますからその限りではありません。なによりもまずは医師とよく相談することが必要でしょう。
 

皮膚炎のアレルギー症状が収まっているときを狙ってレーザー脱毛を行うことができれば、お肌のキメを整えたり、毛穴を引き締めたりなど、脱毛だけでなくその周辺のお肌の状態を浴してくれる側面がありますので、決してレーザー脱毛は恐ろしいことではありません。
 

また、中には、アトピーの症状が緩和されかゆみが出にくくなったりしたという体験談もあるくらいです。
 
 

デメリットについて

デメリットとしては、レーザー脱毛の場合、光脱毛に比べると若干刺すような痛みを感じる場合もあるということでしょうか。それも医療機関であれば麻酔を使用して緩和することも可能です。
 

また、このような熱を使って毛根を破壊するタイプの脱毛技術では、どうしてもやけどのリスクというものがあります。元々お肌が弱い人は特に注意が必要であるため、その分機械の出力を落とす方が良いと医師が判断する場合があると思います。
 

そうなりますと、もしかしたら通院期間は少し長めに考えておかないといけないのかもしれませんね。それから光脱毛に比べて基本的に料金は割高です。
 

もし全身を希望するのであればどんなに安く見積もっても20万円は必要になるのではないでしょうか。
 

アトピーやニキビが原因で絶対に脱毛ができないということはありません。
 

皮膚の状態を考え、悪影響が出ないであろうときを見計らって、自分のお肌にあった脱毛方法で脱毛できれば結果的には自己処理を続けるよりも良いお肌の状態を手に入れることが可能でしょう。

 

ワキ脱毛

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る